読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倒産法

再生型手続の特徴 尾行録6日目 37~40ページ

(複雑)再生型>清算型 主たる業務 清算型:資産および負債の確定、財産の換価、ならびに配当 再生型:

特別清算の5つの特徴 尾行録5日目 33~36ページ

1対象:すでに解散決議などを経て清算手続きに入っている株式会社など(会社471・475・510) 2清算人(特別清算人)の地位 ×裁判所から任命 ○原則:取締役などの清算人(会社478Ⅰ) 3債権者が手続の参加することが強制され、清算株式会社の財産を配分する…

破産の6つの特徴 伊藤眞『破産法・民事再生法〔第3版〕』尾行録4日目 30~32ページ

1その適用対象たる債務者に限定が無く個人および法人すべてを含むこと(破産2Ⅳ)(該当箇所80ページ)。 2支払不能および債務超過という破産原因:債務者がその総債権者に対する債務を完全には履行し得なくなった状態 =債務者の弁済資力が不足し、通常の…

清算型手続と再生型手続-総論 伊藤眞『破産法・民事再生法〔第3版〕』尾行録3日目 27~30ページ目

●清算型手続 ・意義:債務者の総財産を金銭化し、同じく金銭化された総債務を弁済することを目的とする ・経済学的意義:人的および物的資源から構成される債務者の総財産を解体し、それらをより有効に利用できる第三者に譲渡し、その清算価値を債権者に配分…

倒産処理の指導理念ー伊藤眞『破産法・民事再生法〔第3版〕』尾行録2日目

20~25ページ ●倒産処理の目的:総債権者の満足の最大化、利害関係人の権利の公平な実現、債務者の経済的再生 ●この目的を実現するための手続(倒産処理手続きに共通する指導理念)ー1公平・平等・衡平の理念、2手続保障の理念 ●「公平・平等・衡平の理念…

法的倒産処理制度の必要性ー伊藤眞『破産法・民事再生法〔第3版〕』尾行録1日目

倒産法を初めて学ぶ。予備試験受験生のだいぶだりー君。 新しく版を改めて出版された、伊藤眞先生の『破産法・民事再生法〔第3版〕』(有斐閣)を、ノートをとりながら読んでやろうと息巻いている。 非常に効率が悪いと思うのだが・・・ いったいどうなるこ…