読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて言おう。Nなっち、卒業おめでとう。

11月30日をもって、1+2=Nなっち、こと、佐藤夏希さんが、AKBを卒業した。

たしかに、本人のブログ、トガブロで、本人の思いをつづった文章が掲載されている。

しかし、本人の肉声が一切ない。

ファンに対して直接、卒業の報告をする意思が全くうかがえないのだ。

なっちは、2期生だ。

2006年に加入だから、7年目の「古参」である。

しかし、自らakbにいた痕跡をすべて消すようにして、努力の天才は忽然と消えてしまった。

 

なっちの卒業の理由は、なんなんだろう。

新チームaの「方針」である「若手育成」。

運営側が総監督に「若手育成」と言わせるようにうまくもっていったこと。

これは、古参のなっちにとって、死活問題であったと思う。

このチームは、若手を育成することが主眼である。

とすれば、中堅・古参は、若手を育成する側にまわることが求められる。

しかし、中堅・古参は、若手を育成するためにakbに入ったのではない。

当然、出演メンバーが若手中心になることを想定して、セットリストを作る。

なっちが出ることなど、一体どこまで具体的に想定できていたのであろうか。

中堅・古参メンバーのアンダーとしてであろうか。

新公演を前に、ブログで、新しい刺激をくれるが敵でもある、と吐露しているように、22人体制・16人選抜制度になってしまった。

そうである以上、当然、その制度の中で戦わなければならない。

初日すかひらセブン+いずりな・まりんちゃん・アーヤロイド・なかまったーの11名が育成対象となる。

「若手育成」の方針の下では、中堅・古参は育成対象と真剣に戦うことが出来ない。

その結果、若手育成の舵取役のキャプテンと総監督を除く、9名が競い合うことになる。

これが、kにもbにもない、「若手育成」を掲げた新チームaの特殊性である。

でも、たかみなは悪くない。

そんなことを思っていては、初期メンをリスペクトしているなっちに顔向けできないからだ。

 

なっちは、公演mcの鬼であった。

いつも、ぎらぎらしていた。

笑いのヒットを打つために、必ずバットを振っていた。

もちろん三振や凡打もあったが、とにかくいつも狙っていた。

なかでも、前チームbで印象に残っているのは、

・なっちに挨拶しなさいと佐藤夏希のファンである母親に催促された小さな女の子が「ねぇ、ママ、まゆゆがいい。何でまゆゆじゃないの?」と言ったのに対して、なによ、このガキがと思ったなっちが「お姉さん、本当はまゆゆなんだよ。」と切り返したという、鯖の様にはヒカラナイモノタチにとってのあるある・さばドル漫談。

・後日、まゆゆがいる公演日に、mc中直接そのことを伝え、まゆゆをドン引きさせたこと。

・千秋楽の自己紹介で、一度もメンバーから相談されなかったこと、自分の家にほとんどのメンバーが泊まりに来なかったこと、自己紹介終わり「以上、綾瀬はるか、あっ、佐藤夏希でした。」と云って超べたに掃けたこと、など多数ある。

 

私のようなにわかファンが、世界の隅っこで感謝を叫ぶ。

思いつくままに・・・

麻里子様、いままで、なっちに優しくしてくれてありがとう。

ぐぐたすでのからみはもちろん、ブログでなっちの写真をアップしてくれる「初期メン」はあなたしかいませんでした。

ゆったん、あなたはN推しにとってメシアでした。

自己紹介でのからみ、カラオケ大会やあん誰等での「Nたこ」デュエット・・・

シンガポール公演だったかなぁ。ゆったんが一緒だと安心だったとブログでつづっていました。

なかまったー、いずりな、ぐぐたすありがとう。

いずりなは、「夏希さんのmcが好きなんです。」といってくれました。

なっちの推しメン、すーめろからの誕生日プレゼントは、とってもうれしかったみたいだった。

あみなちゃんは、今年最後の生誕祭を仕切ってくれ、そして、野呂さんにお手紙を頼んでくれましたよね。

ともーみは、なっちの十八番、麦茶の話を提供してくれました。

何度も話しているせいか、きたりえからは「なっちさん、十回目です。」とありがたい突っ込み。

ちかりな、しほりん、なっちゃん、きたりえ、みゃお、まりやんぬは、前bのmcでなっちを立ててくれました。

研究生がたくさんいる日、要所要所は、ちかりな・しほりんの方を向いてトークしていました。

みゃおは、22(にゃんにゃん)歳を迎えたなっちに、にゃんにゃんのポーズをやらせた後間髪入れずに「きついなぁー。」といじってくれました。

まゆゆもそれが壷だったのかずっと笑っていました。

まりやんぬの、なっちの年齢いじり、大好きでした。

なっちがbメンから「めーたん」・「第二の大堀恵」・「エロなっち」といじられるのは、本人は心地よかったんじゃないかと勝手ながら思っています。

まゆゆは、スタッフさんから誕生日プレゼントにギターのチューナーをもらったなっちを笑ってくれましたよね。

あんにんは、自己紹介で、まだ初日を迎えていないメンバーがいますといってくれましたよね。

これは希望だったが、mcであんにんを含む若手がなっちの年齢をいじってくれることが、観たかった。

もえのさん、初日の思いを熱く語ってくれてありがとう。

なんか、スカっとしました。

せめて、11月2日の初日は、22人全員で挨拶だけでもさせてほしかった。

それから、コリス、オカロ、なっつみー、kk、梅ちゃん、相方・野呂さん、めーたん、しほりん、りぽぽ、あん誰スタッフさん、みいこさん、形を違えど今回の卒業に触れてくれてありがとう。

失礼な言い方でごめんだけど、りぽぽ、えらいね。

そしてそして、秋p、tgsk様をはじめとするスタッフ様・全てのメンバーの皆様に、感謝を。