読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9周年公演 10周年へのカウントダウン、そして、たかみな卒業へのカウントダウン。

たかみなの卒業スピーチ全文。

「はい。ということで。今日はakb48劇場9年目のお誕生日です。

今年2014年は、本当にakb48にとってたくさんの出来事が起きました。

それは、仲間との別れでもあり、そしてグループとしての本当に危機でした。

えー、そのすべてを乗り越えて、こうして9年目という素晴らしい形を、この劇場でこれたのは、皆さまのおかげだと思っております。

振り返れば、2015年12月8日、私たちはこのステージに立っていました。

えー、正直はじめのころは、秋葉48と外の仕事でいわれ続け、なかなか一般的な知名度は上がらず、とても苦しい思いをしました。

ですが、そんなときも、この劇場はここにあり続けてくれました。

どんなにつらい時も、どんなに困難な時も、私たちが苦しくて立ち上がれなくなりそうな時も、この場所に立っ、戻ってくれば、皆さんが笑顔でそして声援を送ってくれる。

この場所は私たちにとって、我が家です。

我が家であるこの劇場には、2つの柱があります。正直すごく、邪魔です。

でも、恒例になっている行事があります。一年に一度、12月8日という日、この劇場の誕生日には、ピンクのテープが張られることになりました。

いつか、ピンクのテープでいっぱいになって、この柱が無くなればいいななんてそんな思いを託しながら、結成一年目から続けている行事です。最初はそんないいものがあったものでなかったかもしれません。ですがこうして、9回目、こんなに素晴らしい皆さんと、そしてたくさんの仲間たちと、このテープを張ることができたことが、とても嬉しいです。

そして、来年は、この柱に10本目のテープを張ることになります。

AKB48、10周年です。振り返ってみると本当にあっという間だったなぁというふうに感じることもあれば、ここまでの道のりは長かったなぁという風に感じることもあります。

10周年、節目の一年だと思います。

ここで私から一つ発表させてください。

私、高橋みなみは、2005年、2015年、12月8日をめどに、akb48を卒業します。

まだ、一年先の話です。ですが、わたしは、akb48グループの総監督です。メンバーに引き継ぐ時間、猶予をいただくために、このタイミングでの発表とさせていただきました。

私はakb48に入って本当よかったと思っています。

仲間との別れもたくさんありました。

同期ももう3人しかいません。

気づけば周りの景色も変わっていました。

同じ曲でもいないメンバーばかりで、私はなぜいるんだろう、と思うことが無かったといえばうそになります。

それでもここにいてよかったなと思えるのは、秋元先生をはじめとするスタッフの皆さんと、そしてここにいる素晴らしいメンバー、そしてなによりファンのみなさんに出会えたことが人生の一番の宝物です。

私はこのakb48に恩返しできることというのは、少しかもしれません。一握りかもしれません。

でもそれでもなにかこの未来をakb48の未来を担う子達に何か残してあげたい。

それが私たちに私にできる、一つの恩返しの形なのだと思っております。

私がいなくなってからのakb48グループを引っ張るのは、次期総監督として横山由依を指名させていただきます。

正直総監督はしんどいです。きついです。

近くにいるメンバーほど感じていると思います。

だからこそ、仲のいい横山由依にこの総監督という名前を渡すのは、とても嫌でした。

きついと知っていながら、大切な後輩にこれを託さなければならないというのは、本当に苦しいです。

私で終わらせようとも思っていました。

ですが、女の子の大人数のグループです。

話に花が咲いて全然集中できなかったり、全然まとまらなかったりすることも多々あります。

その時に一声、いくぞ、やるよ、という言葉をかける人が、このグループには必要だと思いました。

横山ここにこれるかな。

彼女は、私にとって、素晴らしい後輩です。本当に、まじめで、不器用ですごく一生懸命に頑張ってくれました。夢も私と一緒でソロデビューでした。そんな彼女にこの総監督を渡すというのは、夢から遠ざけることになるかもしれないと私自身もすごく悩みましたが、彼女にはきっかけが必要かなとも思っております。総監督は苦しいです。でも、それと同時に世間の方に見てもらうチャンスが増えると思います。横山にとってのチャンスと思って、頑張ってほしいなって思っています。

何か言ってよ。

がんばってほしい。

そのために一年間、必ずバトンをつなげたいと思います。

彼女に残せること、そして後輩に残せることは、まだまだたくさんあります。

正直一年で教えてあげられるかわからないぐらい、たくさんあります。

それでも残された時間を一生懸命、頑張ってみんなとともにいきたいなと思います。

まだまだちゃんと卒業のめどというか、日にちというか詳細というのまだ決まっておりません。

今後何らかの形で、皆さんにお知らせできればなという風に思っています。

ただ一つ言えるのは、悲しいことではないということです。

akbは来年10周年、大切な一年です。私もこのグループに10年入れたということはとてもうれしいですし、10年で終わるグループではないと思っております。

11年目につなげてほしい。

大丈夫だと思っております。

なので、私なりに一生懸命、横山由依とそしてこの残されたメンバーたちにバトンをつなげたいと思いますので、これからもどうぞakb48グループの応援よろしくお願いします。」