読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業をちらつかせる「卒業漫談」は、急激な求心力の低下を招く。

K副キャプテンとしてゆいはんを支えながら、自らを覚醒させ続けてほしいな。

笑い好きをうならせる、MC。

あなたがいないKのMCなんてまるで。

まぁ、例えが全く思いつかないんだけれども。

これからのAKBには、老壮青のバランスが必要だ。

だから、お願いだ。

若手に、見せつけてくれ。

MCの実力を。