読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誣告の伝兵衛。≪小説・新連載vol.21≫

おらだ。

いやぁ、最近、例の、偽物の「THE NORTH FACE」水色ダウンジャケットをいつも着やがり、グラサンをかけた、いつもニヤケたスケベ顔のどす黒い日焼け親父が、「THE NANIKUWANU(何食わぬ) FACE」で毎日1階の職員の方と何やら話してやがる。

その親父の高笑い声と言ったら、なんだあらぁ。

「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁ~~」

朝の10時に、60親父の、かん高い声での馬鹿笑い。

何がそんなに面白ぇんだ。

この馬鹿野郎が。

おらが言うのもなんだけど、下品極まりねぇ笑い方だな。

公共の施設内で、あんな馬鹿笑いをするってのは、狂気の沙汰だな。

それに、もう春だからよ。

その馬鹿みたく分厚くて、馬鹿みたいな水色のダウンジャケットはやめろ、この野郎。

よっぽど気に入ってんだな。

インナーはどうなってんだ、この野郎。

インナーにも気を使ってんだろうな。

アウターでごまかそうとしても、そうはいかねぇからな。

それによ。

その親父、なんかティッシュを丸めたゴミを、馬鹿な投球フォームをして、1階の廊下の端に思いっきり投げ捨ててやがったぞ。

トチくるってやがるな。

なんか、おら、気分が悪くなってきたな。

 

自分と同類の、ある意味野生の凶暴なイタチのような他人を見ることで、強制的に内省させられるような感覚に陥る、伝兵衛。

伝兵衛にとってのイタチごっこが、始まる。