読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誣告の伝兵衛。≪小説・新連載vol.33≫

あの野郎は、4種類の図書館を使い分ける。

そのうちの、ある図書館の職員たちは、あの野郎の事が大嫌いだ。

あの野郎が、約1時間おきに休憩をするために、席を立ち、ラウンジやトイレに向かうからだ。

つまり、カウンターにいる職員にとって、否応でも、あの野郎がカウンター前を通ることになるからだ。

あの野郎は、そのことを、数年前からうすうす気づいてはいた。

あの野郎がトイレに入ると、10秒後にかならず女子トイレの方から女子トイレのドアが閉まる音がする。

あの野郎が大便をした後、手洗いをしていると、目の細い白粉の公家みたいなそしてイルカみたいな顔をした、普段悪口言ってますみたいな顔をした、女の職員(48歳)が女子トイレから出てくる。

それが毎回続くのだ。

あの野郎は、監視されていることに対して、この上ないほどの怒りがわいてきた。

そこで、そのイルカ女がトイレから出てくるのを男子トイレで待ち構えることにした。

すると、案の定出てきたところを、あの野郎は男子トイレを出る。

ドアをわざとバタンと閉めて。

すると、イルカ女はびくっとするも、すぐにやり返してやろうと、何も問題ない、壁に貼ってあるポスターの位置を直そうとする。

底意地の悪いメコの考えることだ。

もうひとりの職員もまた、底意地の悪いメコ。

55歳の臨時職員である。

顔は、泳げ!たい焼き君の店のおじさんに瓜二つ。

2年前自習室で勉強しているある利用者がペットボトルを置いていることに対してあの野郎からその利用者に注意するように言われたのだが、人に命令されることに異様に怒りを覚える、生粋のSっ子であるたい焼き君の店のおじさんは、それ以来あの野郎に対して殺意を抱いている。

この店のおじさんが得意とすることは、あの野郎がラウンジの椅子で外を見ながら休憩しているときに、なんと裏口から外へ出てあの野郎が見ている外の景色にフレームインしてくることだ。

何のためかというと、あの野郎が見ている外に、きっと何かがあるに違いないと、下種の勘繰りをしているためだ。

ブスの考えそうなことである。

あの野郎は、せっかく外の景色を観て休んでいるのに、店のおじさんが鬼の形相でフレームインしてくるのだから、腹が立ってしょうがない。

さて、じつはもうひとり、馬鹿がいる。

それは、イルカ女の旦那で、50歳の白髪交じりの短髪色黒のおっさんだ。

イルカ女に、あの野郎がラウンジの円卓テーブルで座りながら観ている外にはいったい何があるのかを、私の代わりに様子をうかがって、とおねだりされ、馬鹿丸出しでOKの返事をして実行したのだ。

計画内容はこうである。

まずイルカと旦那が、2人とも休日である日曜日に、図書館前にある児童会館に車を止める。

車の中には、イルカが待ち構える。

あの野郎が見ている外には、いったい何があるのかを確かめるために。

旦那には、あの野郎が1時間おきに休憩することは伝えてある。

チャンスは1階である。

あの野郎が休憩のためラウンジに来るのを何度も監視することに対して、旦那はさすがに抵抗したからだ。

旦那だって、イルカの奴隷ではない。

旦那は変装させられた。

ひざ上の濃い緑のショーパン。

黒のビーチサンダル。

ピンクとネイビーのスプライト柄のビニールバッグ。

黒のTシャツ。

なんだその恰好は。

さてはお前ホモかい?

黒のTシャツには、白色の英語のプリント。

なんて書いてあるの?

なになに。

I like my wife. my wife is complete Dutch wife.

何言ってやがるこの野郎。