読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誣告の伝兵衛。≪小説・新連載vol.36≫

僕ちゃんは、刺された。

背中をぶっすりと。

いつものように、あの野郎をからかうため、ラウンジのいつもの指定席であるテーブルに座った瞬間であった。

僕ちゃんは、すぐにほほえみながら、後ろを振り返った。

すると、見たこともない、老人であった。

そう、伝兵衛である。