読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっとこ太郎のすっとこ日記2

(どこからともなくお囃子が流れてくる)

♪とんとんすっとん♪すっとんとん♪

♪すっとこどっこい♪すっとんとん♪

 

♪てんてんすってん♪すってんてん♪

♪すってんころりん♪すってんてん♪

 

♪今日もほいこら聞こえてくるぞ♪

 

♪ひょっとこどっこい♪ひょっとんとん♪

♪ひょっとこどっこい♪ひょっとんとん♪

 

へっ。今日も宝でも拾ってくっか。へっ。

あっ。あの野郎、先に来て拾ってやがる。

まーた、かまってやっか。

(説明しよう。宝とは、廃品置き場に放り捨てられている廃品のことである。)

(続けて説明しよう。すっとこにとって、三人称はいつでも誰に対しても「あの野郎」なのだ。)

 

 

すっとこ「おーい。なんか掘り出し物でもあっか。」

あの野郎「(あっ。またか。)いやぁ、なかなかなぁ。」

すっとこ「なかなかなぁってったって。いっぱい拾ってやがるじゃねぇか。ええぇ?」

あの野郎「(あいかわらずだ。)」

すっとこ「おっ、行っちまうのか?」

あの野郎「・・・」

すっとこ「へっ。へっへっへっ。ざまぁねぇな。」

 

こ汚い廃品置き場で、高らかに響くすっとこの笑い声。

これで、孫もいるというのだから。

全くけしからん。

共生

そう。生きるとは、共生していくことなのだ。