読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誣告の伝兵衛。≪小説・新連載vol.6≫

おらだ。伝兵衛だ。

あの野郎、まだ来やがる。

しつこい野郎だ。

もういっちょ、警察に通報だ。誣告だ。

 

伝兵衛の度重なる誣告に、なんか面白くなってきた警察。

伝兵衛による誣告に真に受けたふりをして、張り込みを開始する。

閉館1時間前、あの野郎の座っている席から1席空けて、紺のスーツの20代後半の刑事が座る。

閉館2分前。

あの野郎が帰り支度を開始して、やっと自分も帰り支度。

あの野郎を尾行する気満々だ。

だがしかし、あの野郎には、そんなことはすぐにお見通しだ。

顔、靴、背格好、そして、1432の軽の後ろの席に乗って帰っていく姿を、あの野郎は、しっかりと記憶した。