読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誣告の伝兵衛。≪小説・新連載vol.20≫

おらだ。

あの野郎、まだ来やがるぞ。

おら、また、あの野郎を脅かす手段を発明したぞ。

それは、よ。

あの野郎がトイレ休憩をするのは、たいてい、30分おきだ。

でもよ、ジャスト30分とは限らねんだ。

そういう時はよ、おら、わざと席を立って、自習室を3メートルぐらい闊歩して、おらの指定席にまた戻るんだ。

それを、2,3回繰り返してやるんだ。

そうすっと、どや。

あの野郎、せかされた気分になりやがるだろう。

どや。

おらの、いびりは。

 

愚かな伝兵衛。

それを、徘徊老人というんですよ。

自分の勉強に集中しなければならないのに、他人の勉強に集中する、伝兵衛。

晩節を汚すことに、残りの短い人生のすべてを費やす。

伝兵衛のやることなすことをすべて完全に把握している、あの野郎は、伝兵衛の鬼畜の所業を全て記憶する。

おとなしくしてないと、図書館の職員さんに、小さな体を椅子に紐でくくりつけられますよ。

わかりましたね、伝兵衛。