読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誣告の伝兵衛。≪小説・新連載vol.14≫

おっす。

おら、悟空。

 

 

 

 

おいおい。

嘘だよ(笑)

おらだ。

伝兵衛だ。

ドラゴンボールの悟空がよ。

なんか、一人称を「おら」って言ってやがるけどよ。

おらも、おらって言うんだよなぁ。

勝手に使わねぇでほしいよな。

 

いやいや。

おらの横によ。

4日間連続で、ぴったりと張り付く男みたいな女が来たんだよ。

実はな。

2日目の終盤で、初めて女って気付いたんだよ。

この野郎。

いや、もとい。このメコがよ。

トイレ休憩だと思うんだけどよ。

席を離れるときによ。

自分の机の上の勉強道具によ。

ケツに敷いていたフエルト生地の毛布を掛けたんだよ。

その毛布がよ、ピンクのハートがこれでもかっていうぐらいによ。

たくさん図柄になってやがったんだ。

この毛布の図柄を見てよ、おら、初めて、メコだと気づいたんだ。

だってよ。

髪がおめぇ、短くてよ。

キューティクルのかけらも無くてよ。

だから、つい勘違いしちまったんだよなぁ。

だから。

堪忍な。

男と勘違いしちまってよ。

そしてよ。

このメコがよ、勉強中は必ず履いているネイビーのゴム長靴を脱いでやがるんだ。

そのほうが楽だからっていう、馬鹿みたいな理由なんだろうな。

公共の施設である図書館のなかで、靴下1枚になるっつうのは、おらが言うのもなんだけどよ。本当に恥ずかしいことだな。おい。

それによ、この狭い隣同士で、このメコの動きが終始忙しねぇんだよな。

レジュメかなんか知んねぇけどよ。約5時間、がさがさぁー、がさがさぁー、ってなぁ。

そんな机上での忙しない光景を見ていると、なんかのストライキの真っ最中なのかもしんねぇな。

一人デモなのか。

そのメコの休憩中に、そのメコの机にあるレポート用紙の少しが見えてよ。

介護士の資格試験をめざしてやがるのか、そのメコがレポート用紙によ、「ご老体を真剣に介助しなければならない。」って書いてやがるんだ。

何言ってやがる。そりゃそうだろうよ。それは、お前、心の中で思っていればいいんだよ。いちいち文字にすることじゃねぇんだい。

それに、「ご老体」って。お前ぇの師匠のことか?