読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誣告の伝兵衛。≪小説・新連載vol.18≫

おいおい、例の、ずーとこがずに押してやがる、自転車に乗って移動するキョリ、永遠のゼロ男がよ。

今日は、なんと、自習室に入ってきやがったぞ。

初めて入ってきやがった。

前回同様その野郎の友達に頼んで、おらの席から一席空けて、その友達に座らせてよ。

おらのことを、監視してやがるんだ。

その友達がよ、3分おきに背伸びをしておらの様子をうかがってやがるんだ。

自習室に限らずよ、図書館のなかで背伸びをするってのは、こんなにも頭が悪い行為が他にあるのかい?

自転車で立ちこぎをするみたいなもんだよ。

恥ずかしい行為だな。

馬鹿だよなぁ。

本当に馬鹿な光景だ。

そしたらよ、おらの帰りを待ち受けてやがるぞ。

シルバーのバンタイプ(525)でな。

その友達の車だな。

その野郎が助手席で、仲良く二人で、バックミラーで、おらを見てやがる。

馬鹿な光景だな。

今日は、おらを尾行するために、自転車で来なかったんだな。

さっそく、警察に通報してやったからな。

ざまぁみろい。

おそらく、喫茶店の関係者だな。

おらの感はすごいんだぞ。

 

そういや。

今日、廊下で、女の司書さん二人が、何がそんなに面白いのか知らねぇけど、キンキラ声で高笑いしてやがったな。

どうせ、誰かを馬鹿にして笑ってやがるんだろ。